ネットカジノ初摘発「ドリームカジノ事件」の 核心と教訓

海外を拠点に誕生したネットカジノは、日本でも着々と利用者が増え、市民権を得る娯楽事業に成長しています。
しかし、過去には国内を拠点に運営していたネットカジノが摘発された「ドリームカジノ事件」が起きています。
ちなみにドリームカジノは、海外の正式なライセンスを所持した国際的には合法なネットカジノでしたが、結果的に日本の警察によって摘発を受けました。
 
ライセンスを所持しているにも関わらず違法と判断された根拠や、実際に利用していたプレイヤーが受けた処遇など、ネットカジノを語る上で非常に興味深い事件です。
 
今回は【ネットカジノ初摘発「ドリームカジノ事件」の 核心と教訓】と題し、事件の背景と現在のネットカジノ事情をご紹介します。
 
 

ドリームカジノ事件の概要

ドリームカジノ事件の概要を説明

ドリームカジノ事件は、無店舗営業のネットカジノが日本で初めて摘発された事件として注目を集め、結果的に運営に携わっていた5人が逮捕されました。
 
ドリームカジノはキュラソー島で発行されたライセンスを所持しており、国際的には合法のネットカジノでした。 
問題は運営拠点が大阪だったことで、国内のギャンブルを規制する賭博罪が適用されて警察によって摘発を受けたのです。
 
海外を拠点に運営しているネットカジノを日本国内で遊ぶことは、違法ではありません。
しかし日本国内を拠点にネットカジノを運営することは、明らかに違法であり、これがドリームカジノが摘発を受けた理由です。
 
 

ドリームカジノを利用したプレイヤーの処分は?

摘発されたドリームカジノの公式サイトには、「キュラソー島ライセンス」「拠点はキュラソー島」「キプロスの決済会社」と、海外を拠点にしていることを強調する内容が明記されていました。
「ネットカジノは、海外を拠点にしているのが当たり前」という認識で、多くのプレイヤーは「拠点が大阪にあるとは知らずに、ドリームカジノを利用していた」ことになります。
 
とはいえ法律的には、国内運営のネットカジノ遊びも違法行為に該当するため、プレイヤーは摘発されても文句は言えない立場なのです。
摘発に伴い警察はドリームカジノの顧客リストを押収しており、すべてのプレイヤーの住所や名前などの個人情報を把握していましたが、結果的に個々のプレイヤーの摘発は実施しませんでした。
 
ドリームカジノが公式サイトで拠点の所在地などを偽っており、プレイヤーが国内運営を確認する術もなかったことから「ドリームカジノの利用者は、被害者でもある」と判断され、摘発に踏み切らなかったと考えられています。
 
 

店舗型のインカジ店も違法

店舗型のインカジ店も違法

国内を拠点に運営していたドリームカジノと同じように違法なのが、店舗を構えてネットカジノを客に遊ばせる「インカジ店」です。
「パソコンが設置された店舗で、ネットカジノが遊べるゲームセンターのような施設」で、店内でお金の受け渡しが行われます。
 
客としてはネットカジノに登録することなく気軽にギャンブルが楽しめるメリットがありますが、明らかに違法ギャンブルなので、運営者だけでなく利用した顧客も摘発の対象となります。
 
ゲームセンターのように堂々と営業しているインカジ店もありますが、完全に違法なので絶対に利用しないようにしましょう。
インカジ店が警察に発見されれば、運営者が「常習賭博ほう助罪」で逮捕されるだけでなく、顧客も「単純賭博罪」で摘発されます。
 
 

安全なネットカジノの見分け方

インターネットで検索すると星の数ほどネットカジノが出てきます。
しかし、検索結果の上位に出てきたからといって「すべてが合法で安全」ではありません。
 
ドリームカジノのように「認知度が低く、評判もよく分からないネットカジノ」を利用するのは、やはり避けたほうが無難です。 
仮にライセンス所持が明記されていたとしても、プレイヤーにそれが真実かどうか確認する術はありません。
最悪の場合、ドリームカジノのように国内を拠点にしている可能性すらあります。
 
日本人登録者数が多く、ネット上で評判を確認できる大手のネットカジノを選択すれば、まず問題はありません。
日本で有名な大手ネットカジノは、ベラジョンカジノやラッキーニッキーカジノ、ジパングカジノ、カジ旅などがあります。
利用者の評価も高く、摘発の心配をすることなくギャンブルを楽しめます。
 
 

まとめ

まとめ

今回は【ネットカジノ初摘発「ドリームカジノ事件」の 核心と教訓】と題し、事件の背景と現在のネットカジノ事情をご紹介しました。
 
ドリームカジノの問題は、ライセンスを取得していながらも、国内に拠点を置いて運営を行っていたことにあります。 
ライセンスを取得しているかどうかに関わらず、国内でのネットカジノの運営は全的に禁止されているのです。
 
ドリームカジノ事件では、幸いにもプレイヤーは摘発の対象に該当しませんでした。
しかし同様の事件が今後起きた場合も摘発対象外と見なされるのかは、分かりません。
このような事件に巻き込まれないためにも、日本でも知名度の高い「大手ネットカジノ」で遊ぶように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。